ポグバが全体練習に合流間近も…マルシャルはEL・LASK戦欠場へ

ポグバが全体練習に合流間近も…マルシャルはEL・LASK戦欠場へ

(左)ポグバは復帰に近づく一方、(右)マルシャルは負傷か [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督が、フランス代表MFポール・ポグバとフランス代表FWアントニー・マルシャルの状態に言及した。11日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 ポグバは昨年9月に右足首を負傷し、2カ月半の離脱を経て、昨年末の2試合に途中出場を果たした。しかし、その後足首に別の問題を抱えて再離脱し、再び手術。一部では8日に行われたプレミアリーグ第29節マンチェスター・Cとの“マンチェスター・ダービー”で実戦復帰を果たすとの報道もあったが、いまだ復帰は果たせていない。

 それでも、スールシャール監督は復帰に向けてリハビリを行っているポグバが、全体練習への合流に近づいていることを明かした。

「ポールは復帰に近づいている。でも今日はまだチームと一緒ではない。まだチームと一緒にすべての練習をこなしてはいないが、来週には準備ができているだろう」

 その一方で、マルシャルはマンチェスター・C戦で負傷したことを明かし、12日に行われるヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16のLASK戦を欠場すると語った。

「アントニーはポストに滑り込んだ時に負傷した。だからこの試合(LASK戦)の準備はできていない。おそらく日曜日(トッテナム戦)は起用できるだろうが、確証はない。彼は少し苦労しているようだ」

関連記事(外部サイト)