チェルシーとの契約延長が難航のウィリアン、今夏移籍か…本命はアーセナル?

チェルシーとの契約延長が難航のウィリアン、今夏移籍か…本命はアーセナル?

チェルシー退団が噂されるウィリアン [写真]=Getty Images

 チェルシーに所属するブラジル代表FWウィリアンは、今夏ライバルクラブに移籍する可能性があるようだ。12日、イギリス紙『デイリー・エクスプレス』が報じている。

 31歳のウィリアンは、チェルシーとの契約が今年の6月で切れることから、今夏フリーで他のクラブへ移籍することが噂されている。クラブは同選手に2年間の新契約を提示したものの、本人は3年契約を望んでおり、交渉は難航している模様だ。2度のプレミアリーグ優勝を経験するなど実績十分のブラジル代表に興味を示すクラブは、バルセロナ、バイエルン、アーセナル、トッテナムなど数多い。

 そんな中、ウィリアン本人はといえば、移籍によってロンドンから離れることは考えていないようだ。そのため、チェルシーと同じロンドンに本拠地を置くアーセナルとトッテナムが有力な移籍先といわれている。特にアーセナルは、かつてチェルシーでウィリアンと共闘し、代理人も同じである元ブラジル代表DFダヴィド・ルイスが所属することから、交渉を有利に進めることができると見込まれている。

関連記事(外部サイト)