アーセナル、アルテタ監督に新型コロナの陽性反応…練習場を閉鎖し全選手が自己隔離へ

アーセナル、アルテタ監督に新型コロナの陽性反応…練習場を閉鎖し全選手が自己隔離へ

アルテタ監督から新型コロナウイルスの陽性反応が確認された [写真]=Getty Images

 アーセナルは12日、ミケル・アルテタ監督から新型コロナウイルスの陽性反応が検出されたことをクラブ公式サイトで発表した。

 アルテタ監督の感染経路については明らかになっていないが、アーセナルは先月27日に行われたヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦・セカンドレグでオリンピアコスと対戦した際、新型コロナウイルスの感染が確認されているオリンピアコスのオーナーと多くの選手やスタッフが接触していた。これを受け、アーセナルは選手たちの自己隔離を進め、11日に行われる予定だったプレミアリーグ第28節延期分マンチェスター・C戦は延期となっていた。

 アルテタ監督の感染に関するアーセナルの公式声明は以下の通り。

「最近ミケルと濃厚接触したアーセナルの職員は、政府の健康ガイドラインに沿って自己隔離します。これは、選手とコーチスタッフ全員を含むファーストチームの大多数と、予防措置として一時的に閉鎖したアカデミーの少数の人々であると予想しています。ミケルとの濃厚接触がなかった人たちは、今後数日間で仕事に戻ることを期待しています。それまでの間、コルニーとヘイルエンドの練習場は徹底的に洗浄されます。他のクラブ関連施設は通常どおり稼働しています」

「私たちは、施設とスタッフに関する次のステップでイングランド公衆衛生サービスと協力します。プレミアリーグとFAカップでの今後の試合については、プレミアリーグ、イングランドサッカー協会、および関連クラブと協力します。現在予定されているいくつかの試合をプレイできないことは明らかです。今後のゲームのチケットをお持ちのサポーターについては、できるだけ早く詳細を更新します」

 また、アルテタ監督はクラブ公式サイトを通じて、「これは本当に残念なことですが、気分が悪くなった後にテストを受けました。許可されたらすぐに仕事に戻ります」とコメントしている。

関連記事(外部サイト)