ルーニーが“C・ロナウド育成秘話”を公開「彼は痩せすぎだったから…」

ルーニーが“C・ロナウド育成秘話”を公開「彼は痩せすぎだったから…」

マンチェスター・Uで共演したルーニーとC・ロナウド [写真]=Getty Images

 ダービー・カウンティに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが、元同僚のクリスティアーノ・ロナウドを“育成”した過去を語った。イギリスメディア『talkSPORT』が伝えている。

 ルーニーは、ロナウドが2009年にレアル・マドリードへと移籍するまで、実に5年間の時をマンチェスター・Uで彼と共に過ごした。ロナウドはマンチェスター・U在籍中に118ものゴールを積み重ね、名実ともに世界一の選手へと駆け上っていったが、加入当初はプレミアリーグの激しいスタイルへの適応に苦しんでいた。

 C・ロナウドの1年後にマンチェスター・Uに加入したルーニーは、当時のことを以下のように振り返った。

「僕がユナイテッドに来た時、いつもクリスティアーノと一緒に練習や試合会場に通っていたんだ。僕が運転する車に乗ってね。彼は当時すごく痩せていて、体重を増やさなければならなかった。だから僕は、ある試合の前日にいつものように彼を乗せて運転していた時、マクドナルドのドライブスルーに入ったんだ。クリスティアーノにビッグ・マックを食べさせるためにね!」

共につかんだ栄光、その後は…

 ルーニーの“C・ロナウド育成計画”が功を奏したのか否かは不明だが、C・ロナウドのその後はご存知の通り。プレミアリーグ、いや、世界のサッカー界の中でも有数のフィジカルを手に入れ、数々のトロフィーをその手中に収めた。

 35歳になった今も、C・ロナウドは衰え知らずの肉体を保持し、欧州トップクラブの一つであるユヴェントスでエースとして君臨している。そのことについて、ルーニーは自らの体と比較しながら冗談交じりに語った。

「クリスティアーノの肉体はいまだに最高だね。一方僕は、あんな体を手に入れたことは一度もないけど……(笑)。それでも、試合で90分間プレーするのに問題はないし、毎日トレーニングもできているよ。衰えを感じることはない。それを感じたら、引退するときだね」

関連記事(外部サイト)