同僚に陽性が発覚したマウント、自主隔離中に出歩きクラブから注意勧告

同僚に陽性が発覚したマウント、自主隔離中に出歩きクラブから注意勧告

注意勧告を受けたマウント [写真]=Getty Images

 チェルシーに所属するイングランド代表MFメイソン・マウントがクラブから注意を受けたようだ。16日、イギリス紙『BBC』が報じている。

 マウントは15日、イングランド代表の同僚で、親友であるウェストハムMFデクラン・ライスと北ロンドンで「Kickabout(遊びのサッカー)をしているところを写真にとられていた。

 チェルシーは、イングランド代表FWカラム・ハドソン・オドイが新型コロナウイルスに感染していたことから政府の公衆衛生ガイドラインに則って、男子のファーストチーム、コーチングスタッフ、バックルームスタッフに自主隔離措置をとっている。

 クラブは「彼に責任を思い起こさせる」として注意勧告を行ったようだ。また、イギリス紙『ミラー』によると罰金処分が下る可能性が高いという。

関連記事(外部サイト)