退団噂のピアニッチ、プレミア初上陸か…マンCとチェルシーが争奪戦へ

退団噂のピアニッチ、プレミア初上陸か…マンCとチェルシーが争奪戦へ

ピアニッチはユヴェントス退団を強いられるようだ [写真]=Getty Images

 ユヴェントスに所属するボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表MFミラレム・ピアニッチは、今夏の移籍市場でプレミアリーグ初上陸を果たす可能性があるようだ。20日にイタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。

 ピアニッチは2016年7月にローマからユヴェントスへと加入。中盤から正確なボールを供給するスキルが高く評価され、すぐに先発メンバーへと定着した同選手は、ユヴェントスにて167試合に出場し22ゴール36アシストを記録している。

 しかし、ピアニッチは今夏の移籍市場で退団を強いられると複数メディアにより報じられており、新天地を求めているようだ。同紙によるとマンチェスター・Cとチェルシーが獲得に向けて争奪戦を繰り広げるという。果たしてピアニッチはキャリア初となるプレミア上陸を果たすのであろうか。

関連記事(外部サイト)