エンバペ、パリの慈善団体へ寄付金を贈与…新型コロナ感染者の支援に活用

エンバペ、パリの慈善団体へ寄付金を贈与…新型コロナ感染者の支援に活用

PSGに所属するエンバペ [写真]=Getty Images

 パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・エンバペはフランスの慈善団体に寄付金を贈ったようだ。28日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 報道によると、エンバペはパリを拠点とするアベ・ピエール財団へ多くの寄付金を贈与したという。現在は新型コロナウイルスの影響でヨーロッパの各国リーグは中断しており、フランス国内でも30000人を超える感染者が確認されている。

 寄付金が贈られたアベ・ピエール財団は「今回いただいた寄付金は、生活が不安定な状況にある人々への水や食糧の調達、またウイルスに感染した際に治療を行う避難所への移動費へ活用します」と声明を発表。さらに「エンバペの関心と寛大な心、そして誠実な対応に、心からの感謝を送ります」と続けた。

 なお、エンバペから贈られた金額は明らかにされていない。

関連記事(外部サイト)