ディ・マリア、新型コロナが広がる日常に…「とても奇妙な世界を生きている」

ディ・マリア、新型コロナが広がる日常に…「とても奇妙な世界を生きている」

PSGに所属するディ・マリア [写真]=Getty Images

 パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するアルゼンチン代表FWアンヘル・ディ・マリアが、自身の生活について語った。29日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 世界中に感染拡大を見せている新型コロナウイルスの影響で、現在ヨーロッパ各国のリーグは中断中。フランス国内では30000人を超えるウイルス感染者と2000人以上の死亡者が確認されているが、リーグ・アンでプレーするディ・マリアは、現在の日常に恐怖を感じているようだ。取材に応じた際、以下のように語っている。

「僕たちはとても奇妙な世界を生きている。むやみに外出しないよう、今は自宅で過ごしているよ。娘のためにも、感染するわけにはいかないんだ」

「生活を続けるためにスーパーへ行くことはある。ただ、その時も細心の注意を払っているよ。妻はウイルスを洗い流すため、帰ってくるや否や玄関で服を脱ぎ、そのままシャワーを浴びに行く。僕たちはそれくらい徹底しているんだ」

「さまざまな情報は、僕たちに恐怖を与えてくる。今は僕も、とても敏感になってしまっているよ。早く普通の日常が戻ってきて欲しいね」

 3月13日から中断しているリーグ・アンだが、再開する日は訪れるのだろうか。

関連記事(外部サイト)