新型コロナの対策へ…マンCがNHSにスタジアムの無料使用を提案

新型コロナの対策へ…マンCがNHSにスタジアムの無料使用を提案

マンCの本拠地、エティハド・スタジアム [写真]=Getty Images

 新型コロナウイルスの全世界への感染拡大を受け、マンチェスター・CがNHS(イギリスの国営医療サービス)にエティハド・スタジアムの無料使用を提案したようだ。地元メディア『マンチェスター・イブニング・ニュース』が28日に伝えている。

 現在、全世界で猛威を振い続けている新型コロナウイルス。イギリスでは新型コロナウイルスの影響で亡くなった人々が1019人に達したことが確認されている。現在はイングランドのプレミアリーグも中断されており、4月の後半から5月まで同リーグは再開されないと見られている。

 このような状況の中、マンチェスター・CがNHSに力を貸すことを決めたようだ。新型コロナウイルスの影響が落ち着くまでの間、本拠地のエティハド・スタジアムをNHSに提供することにしたという。プレミアリーグ中断の影響でスタジアムは現在使用されておらず、NHSは隔離された状態で看護師のトレーニングを行うためにスタジアムを使用する模様だ。

関連記事(外部サイト)