途中終了でも…ギュンドアン、リヴァプールの優勝で「いいと思う」

途中終了でも…ギュンドアン、リヴァプールの優勝で「いいと思う」

マンチェスター・Cに在籍するギュンドアン [写真]=Getty Images

マンチェスター・Cに所属するドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンは、シーズンが途中で終了したとしてもリヴァプールにタイトルが与えられる可能性があることに言及した。29日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

新型コロナウイルスの感染拡大により、イングランドにおけるプロサッカーの試合は少なくとも4月30日まで中断されることが決定している。しかし、感染者は増え続けており、23日から外出制限命令が出されるなど、中断のさらなる延期もささやかれ、リーグ戦が途中で終了する可能性もあるという。

ギュンドアンはドイツメディア『ZDF』のインタビューで、途中でリーグ戦が終了したとしても、「僕はそれ(リヴァプールの優勝)でいいと思っている。スポーツマンとしてそこはフェアにならないとね」と第29節終了時点で2位マンチェスター・Cと勝ち点「25」差で首位に立つリヴァプールにタイトルが与えられるべきだと語った。

また、リーグ戦が中止となり、優勝も降格もなくなる可能性があることについては「いろいろな意見があるね。非常にいいシーズンを過ごしてきたクラブにとっては、ここで中止になることは明らかに嬉しくない。その一方で、あまりいいシーズンを過ごせず、特に降格圏にいるクラブにとっては中止となることを望んでいるだろう」と賛否両論が飛び交う事態となっていることに理解を示した。

関連記事(外部サイト)