Jリーグで初の感染者…神戸、酒井高徳の新型コロナ陽性を発表

ヴィッセル神戸DF酒井高徳が新型コロナウイルス陽性 25日夜中より体調不良訴える

記事まとめ

  • ヴィッセル神戸は30日、酒井高徳が新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを発表した
  • 酒井は25日夜中より体調不良(38.0℃の熱)を訴え、26日のトレーニングを欠席した
  • 酒井以外の選手、スタッフで新型コロナウイルスや風邪の症状等を呈している者はいない

Jリーグで初の感染者…神戸、酒井高徳の新型コロナ陽性を発表

Jリーグで初の感染者…神戸、酒井高徳の新型コロナ陽性を発表

クラブから新型コロナウイルス陽性反応が報告された酒井高徳 [写真]=J.LEAGUE

 ヴィッセル神戸は30日、DF酒井高徳新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを発表した。

 今回の発表によると、酒井は25日夜中より体調不良(38.0℃の熱)を訴え、26日のトレーニングを欠席。体温は37.6℃で、頭痛と鼻閉感があり、兵庫県内の病院にて急性上気道炎と診断された。27日朝の体温は37.3℃だったが、夜に再び発熱し38.0℃まで体温が上昇。頭痛、咽頭痛があったという。

 28日の体温は35.8℃だったが、軽度の頭痛に加えて、においを感じない症状が出ていたという。医師の助言を受け、同日14時に症状を鑑みて兵庫県内の病院にてPCR検査を実施、30日17時にPCR検査の陽性判定が出たという。

 また、酒井はクラブ公式サイトにてコメントを発表している。

「今回はサポーターの皆さんや一般の方々、全選手、スタッフ、その家族やご友人に不安とご迷惑をおかけしてしまうことになり、本当に申し訳ございません。皆さんが日頃から、一生懸命に予防や対策をされてる中、自分もプロフェッショナルという精神を掲げ仕事をしていることを自覚し、人数の多い場所に行かない、消毒や手洗いをする等、気をつかって生活をしておりました。しかし、それでも、このようなことになり、大変情けなく思っております。今、自分から発信できる事は、コロナウィルスは、本当にどこに潜んでいるかわからないという事です。感染してしまった以上、僕には自分以外の方の感染がないことを本当に心から願うことしかできません……。多くの方々にご不安やご迷惑をかけてしまっていること、全ての皆様に心からお詫び申し上げます。大変申し訳ありません」

 現在のところ、酒井以外の選手、スタッフで新型コロナウイルスや風邪の症状等を呈している者はおらず、保健所の指導のもと、濃厚接触者の特定やトレーニング施設の消毒等の対応を行っている模様だ。

関連記事(外部サイト)