バルセロナ、選手が非常事態期間中の給与70%以上カットで合意

バルセロナは新型コロナの影響で選手らが給与削減に合意 スペインでは非常事態宣言も

記事まとめ

  • バルセロナは新型コロナの影響を受けて、クラブの幹部や選手たちが給与削減に合意
  • フロントをはじめ、全プロスポーツチームの選手およびバスケット選手の大半が合意した
  • 14日にはスペインで非常事態宣言が出され、リーガ・エスパニョーラは無期限の延期に

バルセロナ、選手が非常事態期間中の給与70%以上カットで合意

バルセロナ、選手が非常事態期間中の給与70%以上カットで合意

バルセロナの選手たちが給与カットに合意 [写真]=Icon Sport via Getty Images

 バルセロナは30日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、クラブの幹部や選手たちが給与削減に合意したことを発表した。

 クラブ公式サイトによると、フロントをはじめ、全てのプロスポーツチームのメンバーおよびバスケットチームのメンバーの大半が合意。削減されるのは、14日に発動された非常事態宣言の期間中の給与だという。

 サッカーのトップチームについては、非常事態期間中の給与の70パーセント以上のカットで合意した。今回の給与削減によって、一時解雇の対象だった全スタッフの給与が100パーセント保証されるという。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、バルセロナは13日から無期限でトップチームの活動を停止。14日にはスペインで非常事態宣言が出され、リーガ・エスパニョーラは無期限の延期が決まっている。

関連記事(外部サイト)