マンUのポグバ、自身の負傷状況に言及「今は復帰に近づいている」

マンUのポグバ、自身の負傷状況に言及「今は復帰に近づいている」

自身の負傷状況について言及したポール・ポグバ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uに所属するフランス代表MFポール・ポグバが自身の負傷状況について言及した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が11日に伝えている。

 現在27歳のポグバは、昨年9月に右足首を負傷。同選手は昨年末、2試合に途中出場を果たしたものの再び離脱。今シーズンは公式戦8試合のみの出場にとどまっている。

 ポグバは「僕は負傷をしてから不満を感じていたが、今は復帰に近づいている。チームに戻ることや、トレーニングすることを考えているよ」と自身の負傷状況について言及。「僕はこれまでこのような経験をしたことがなかったから、常に改善する方法を考えているよ。負傷している今の状況は、僕をよりハングリーにさせる」と述べた。

関連記事(外部サイト)