eJリーグ優勝は川崎F! 栄光を掴んだジェイ「もっとFIFAとJリーグで盛り上げていければいいなと思う」

eJリーグ優勝は川崎F! 栄光を掴んだジェイ「もっとFIFAとJリーグで盛り上げていければいいなと思う」

「eJチャレンジ」の頂点には川崎Fが輝いた(写真は2018年J1優勝時のもの) [写真]=Getty Images

 eスポーツ大会「eJリーグ オンラインチャレンジカップ(eJチャレンジ)」の最終日が12日に行われ、ジェイ(川崎フロンターレの推薦選手)が優勝に輝いた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、2020明治安田生命Jリーグと2020Jリーグ YBC ルヴァンカップが開催延期となったのを受け、サッカーゲーム「FIFA 20」を使用し開催された「eJチャレンジ」。10日に開幕した同大会は、12日に準々決勝、準決勝、そして決勝が行われた。

 ベスト8の戦いでは、2018年夏の世界大会「FIFA eワールドカップ2018」に出場した優勝候補のナスリ(鹿島アントラーズの推薦選手)や、昨年4月の「FIFA19 グローバルシリーズ eJ.LEAGUE SAMSUNG SSD CUP」を制した2代目eJリーグ王者のミノ(名古屋グランパスの推薦選手)などといった実力者たちが敗退。ジェイ、ファントム(鹿島アントラーズの推薦選手)、にょにょ(ジュビロ磐田の推薦選手)、アグ(松本山雅FCの推薦選手)の4選手がベスト4に駒を進めた。

 準決勝ではジェイ(川崎)がファントム(鹿島)を延長戦の末にゴールデンゴールで破り勝利。また、にょにょ(磐田)がアグ(松本)に競り勝ち、決勝のカードが決まった。

 迎えた決勝。にょにょ(磐田)が前半に先制するも、ジェイ(川崎F)が同点に追いつき1−1でハーフタイムへ。そして後半、ジェイ(川崎F)が立て続けにゴールを決め、3−1で逆転勝利。見事「eJチャレンジ」の頂点に輝いた。

 決勝戦を終えたジェイ(川崎F)は「めちゃくちゃ嬉しいです。先制されたので焦ったんですけど、普段通りにやろうと思って。(1ゴール1アシストを記録した)憲剛さんに感謝ですね(笑)」「本当に幸せな時間でした。もっともっとFIFAとJリーグが交流して、どんどん盛り上げていければいいなと思うので、これからも応援よろしくお願いします」とコメントした。

 なお、大会を観戦していた川崎フロンターレMF中村憲剛は「フロンターレ優勝ーーー??ジェイ選手ありがとーーー??にょにょ選手もお疲れ様でした??そして大会に参加したみなさんお疲れ様でした??」と自身のSNSを更新した。

 12日に行われた試合結果は以下の通り。

■準々決勝
つぁくと(C大阪) 0−1 ジェイ(川崎F)
ファントム(鹿島) 2−0  ミノ(名古屋)
ナスリ(鹿島) 1−2 にょにょ(磐田)
ゆーじょーかー(名古屋) 0−3 アグ(松本)

■準決勝
ジェイ(川崎F) 1−0 ファントム(鹿島)
にょにょ(磐田) 3−2 アグ(松本)

■決勝
ジェイ(川崎F) 3−1 にょにょ(磐田)

関連記事(外部サイト)