チェルシーで729試合に出場したレジェンド、ボネッティ氏が78歳で死去

チェルシーで729試合に出場したレジェンド、ボネッティ氏が78歳で死去

チェルシーのレジェンドが78歳で亡くなった [写真]=Getty Images

 チェルシーでGKとして活躍したピーター・ボネッティ氏が12日、長い闘病生活の末に78歳で亡くなった。

 ボネッティ氏は1960年から75年、76年から79年の約19年にわたりチェルシーでゴールマウスを守ったレジェンドで、同クラブで729試合に出場した。ゴールキーパーとしては小柄な身長での素早い反射や優雅なプレースタイルで、「ザ・キャット」の愛称で知られていた。

 チェルシーは公式HPでボネッティ氏の歴史を振り返るとともに、「チェルシーの全員が、ピーターの家族や友人に心からの深い哀悼の意を示します」と発表している。

関連記事(外部サイト)