闘病を乗り越え…元イタリア代表FWヴィアリ氏、すい臓がんを克服

闘病を乗り越え…元イタリア代表FWヴィアリ氏、すい臓がんを克服

がんを克服したヴィアリ氏(写真は2019年10月のもの) [写真]=Getty Images

 元イタリア代表FWジャンルカ・ヴィアリ氏が、すい臓がんを克服したようだ。12日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 現在55歳のヴィアリ氏は、2018年に約1年ほど闘病生活を送っていたことを明かした。しかし、2019年から再び闘病生活をしていた同氏は、約17カ月間の化学療法を経て、直近2回の検査で陰性と診断され、すい臓がんを克服したことが明らかとなった。

 ヴィアリ氏はかつてサンプドリアやユヴェントス、チェルシーでプレー。チェルシーでは1997−98シーズンの途中に選手兼監督として指揮官に就任した。プレミアリーグでは初のイタリア人指揮官となり、同シーズンにはリーグカップとカップ・ウィナーズカップで2冠を達成したほか、UEFAスーパーカップも制覇。また、イタリア代表としては59試合に出場し、16ゴールを記録している。

関連記事(外部サイト)