ドルトムントがフェラン・トーレス獲得へバレンシアに接触…約47億円を用意か

ドルトムントがフェラン・トーレス獲得へバレンシアに接触…約47億円を用意か

バレンシア所属のフェラン・トーレス [写真]=Getty Images

 ドルトムントは、バレンシアに所属するUー21スペイン代表FWフェラン・トーレスの獲得に興味を示しているようだ。12日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 今季バレンシアでブレイクし、多くのクラブからの関心を集めているフェラン・トーレス。クラブとの現行契約は2021年夏までとなっており、先日提示された新契約の締結を選手側が拒んだことから、来夏のフリーでの放出を避けるためにクラブも今夏の移籍を認めるとみられている。

 フェラン・トーレスに関してはこれまで、バルセロナ、レアル・マドリード、ユヴェントス、マンチェスター・U、リヴァプールら数々のメガクラブ行きが報じられてきた。しかし最初に同選手に関しての接触を行ったのはドルトムントだったようだ。イングランド代表FWジェイドン・サンチョの移籍が噂される中、20歳のスペイン人ウインガーに4000万ユーロ(約47億円)の移籍金を用意しているという。

関連記事(外部サイト)