オーバメヤン獲得を巡り“エル・クラシコ”勃発か…契約は2021年で満了

オーバメヤン獲得を巡り“エル・クラシコ”勃発か…契約は2021年で満了

レアル・マドリードもオーバメヤン獲得に動くようだ [写真]=Getty Images

 アーセナルに所属するガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンは今夏の移籍市場で同クラブを退団する可能性があるようだ。14日にイギリス紙『エクスプレス』が報じている。

 オーバメヤンは2018年1月にドルトムントからアーセナルへと加入。同クラブにて公式戦通算97試合に出場している同選手は、61ゴール13アシストを記録しており、加入直後からエース格として活躍している。

 しかし、同選手の現行契約は2021年6月に満了する予定で、新契約締結の交渉は行われているものの、進展を遂げていない模様だ。同紙によると、複数の強豪クラブらがオーバメヤンの獲得に関心を示しており、争奪戦が行われることが予想される。

 中でも、レアル・マドリードとバルセロナがオーバメヤンの動向を注視している模様だ。フランス、ドイツ、イングランドと各国で活躍してきた同選手は、確実にスペインでもその得点力を維持できるに違いない。果たして同選手は今夏の移籍市場で、アーセナルを退団してしまうのであろうか。

関連記事(外部サイト)