N・セメドに契約延長の可能性…カンセロとのトレードが報じられるも現実路線へ

N・セメドに契約延長の可能性…カンセロとのトレードが報じられるも現実路線へ

バルセロナのネルソン・セメド [写真]=Getty Images

 バルセロナのポルトガル代表DFネルソン・セメドは契約延長に近づいているようだ。スペイン紙『マルカ』が13日に伝えている。

 ベンフィカから加入して3年目のセメドは今シーズン、リーガ・エスパニョーラで27試合中21試合に出場。現行契約は2022年までとなっているが、今シーズンのパフォーマンスにより去就は流動的とされ、マンチェスター・Cの同国代表DFジョアン・カンセロとのトレードの可能性も伝えられてきた。

 しかし、新型コロナウイルス感染拡大による混乱の中で大規模なトレードは現実的ではなく、またニースにレンタル中のセネガル代表DFムサ・ワゲは来シーズンも同クラブでプレーする可能性が高いことから、クラブで唯一右サイドバックを本職とするセメドの残留と3年間の契約延長が現実的な選択肢として考えられているようだ。

関連記事(外部サイト)