ボーンマス、スタッフの一時解雇取りやめ「サポーターの意見に耳を傾ける」

ボーンマス、スタッフの一時解雇取りやめ「サポーターの意見に耳を傾ける」

ボーンマスは従業員の一時解雇を取りやめることを決定した [写真]=Getty Images

 ボーンマスは14日、従業員の一時解雇を取りやめることを決定した。同日、クラブ公式HPで発表した。

 ボーンマスは新型コロナウイルスの影響で、「収入は枯渇しているが支出は変わっていない」として今月初めにスタッフを一時解雇して政府の雇用維持制度を利用することを発表していた。しかし、この度の声明で「意図がいかに適切であっても、この制度を利用しようとするプレミアリーグのクラブに対する批判を認識している。私たちはサポーターの意見に耳を傾ける」として、スタッフを一時解雇するという決定を覆すことを発表した。

「我々はシーズン中断期間もクラブが継続的に運営できるようにし、コロナウイルスの雇用維持制度を申請しない」

「私たちの考えや祈りはこのウイルスに感染したすべての人とともにある」

 イングランドではリヴァプールやトッテナムなどのクラブも一時は雇用維持制度の利用を発表したものの、相次ぐ批判からこれを撤回していた。

関連記事(外部サイト)