インテル、L・マルティネスの売却を承諾も…グリーズマンを要求か

インテル、L・マルティネスの売却を承諾も…グリーズマンを要求か

インテルはL・マルティネス(左)の売却に応じる代わりに、グリースマン(右)を要求している [写真]=Getty Images

 インテルはアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスとバルセロナに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンのトレード移籍を望んでいるようだ。14日にスペイン紙『マルカ』が報じた。

 バルセロナは以前からL・マルティネスをウルグアイ代表FWルイス・スアレスの後継者として動向を注視しており、獲得を熱望していた。一方のインテルは、エース格として同選手を見ており、売却に応じない姿勢であった。

 しかし、同紙によるとインテルはグリーズマンとのトレード移籍であれば、L・マルティネスの売却に応じると伝えられている。同クラブは2選手の市場価値にほとんど違いがないとの見解を示していることから、トレード移籍を望んでいるという。

 一方、バルセロナはグリーズマンの退団を望んでおらず、トレード移籍の一環に含めたくないという。果たしてバルセロナは念願のL・マルティネス獲得は実現するのであろうか。

関連記事(外部サイト)