マンU、アトレティコMFサウールに関心…週給約2700万円を用意か

マンU、アトレティコMFサウールに関心…週給約2700万円を用意か

マンチェスター・Uが関心を示すサウール [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uがアトレティコ・マドリードに所属するスペイン代表MFサウール・ニゲスに関心を示しているようだ。14日、イギリス紙『サン』が伝えている。

 フランス代表MFポール・ポグバの去就が不透明となっていることから、マンチェスター・Uを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督は、今夏の移籍市場でポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスの相棒となる選手の獲得を求めているという。そのトップターゲットにサウールの名前が挙げられているようだ。

 サウールは2017年にアトレティコ・マドリードと新しく9年契約を締結したことから、現行契約は2026年6月までとなっている。この契約には1億3200万ポンド(約178億円)の違約金が設定されているが、マンチェスター・Uは7000万ポンド(約94億円)しか移籍金として支払うつもりはないという。

 その代わりに現在11万5000ポンド(約1550万円)の週給であるサウールにマンチェスター・Uは20万ポンド(約2700万円)の週給を用意して交渉を進めたいと考えているようだが、果たして移籍は実現するのだろうか。

関連記事(外部サイト)