マンU主将マグワイア、クラブとの連絡は欠かさず「毎週話し合っている」

マンU主将マグワイア、クラブとの連絡は欠かさず「毎週話し合っている」

マンチェスター・Uに所属するマグワイア [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uに所属するイングランド代表DFハリー・マグワイアが、新型コロナウイルスの感染が拡大している現状について語った。16日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 現在マンチェスター・Uでキャプテンを務めるマグワイアは同メディアの取材に応じ、今後のリーグ戦の再開などについて、クラブと頻繁に連絡をとっていることを明かした。また現在の練習環境などについても、併せて以下のように語っている。

「今後の活動をどのように前進させるかについて、僕はクラブと毎週話し合っている。ウイルスの状況も把握しながら、適切な選択ができるよう考えているんだ。きっと他のクラブも行なっていることだと思う。それぞれ判断や評価の基準は異なるだろうけどね」

「僕たちは今、個人的なトレーニングと集団でのトレーニング、両方を行なっているよ。チームメイトとはビデオ通話で会っているんだ。みんな懸命に体を動かしているね」

 また、マグワイアはNHS(イギリスの国営医療サービス)で働く医療関係者たちに「明らかに困難な状況だが、彼らが毎日働いてくれることに感謝している。僕は彼らのことを誇りに思っているよ」と敬意を表している。

関連記事(外部サイト)