ケガに苦しむデンベレについに“見切り”? バルサOBリヴァウド氏「彼を売る時が来た」

ケガに苦しむデンベレについに“見切り”? バルサOBリヴァウド氏「彼を売る時が来た」

バルセロナに所属するデンベレ [写真]=Getty Images

 現役時代にバルセロナやブラジル代表として活躍したリヴァウド氏が、フランス代表FWウスマン・デンベレについて言及した。16日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 バルセロナは来夏、インテルのFWラウタロ・マルティネスやパリ・サンジェルマンのFWネイマールなど、FWの補強を画策しているとされる。そんな中リヴァウド氏は、自身の古巣バルセロナに対して、デンベレの売却を勧めているようだ。以下のように語っている。

「ウスマン・デンべレを売却する時が来た。彼は約3年前にバルセロナに移籍し、選手としての価値を示すためには十分な時間を費やした。まだ大きな可能性を秘めている選手だとは思うが、彼を売却し新たな選手を迎えるには、次の夏が絶好の機会になると思うよ」

「デンベレはケガが続いて不運な印象だが、もう少し価値を示すことができたのかもしれない。現状ではバルセロナの期待に応えられておらず、彼はより快適にプレーできる環境に身を移すべきだ。彼は若く、まだまだ輝きを放つことができると思うからね」

 現在22歳のデンベレだが、果たして来夏に新天地を求めることになるのだろうか。

関連記事(外部サイト)