20歳の逸材テテが加入を夢見るクラブを明かす「ライバルなのは知っているが…」

20歳の逸材テテが加入を夢見るクラブを明かす「ライバルなのは知っているが…」

シャフタールに所属するテテ [写真]=Getty Images

 シャフタールに所属するU−20ブラジル代表MFテテが、自身が将来加入したいクラブを明かした。17日、イギリス紙『デイリー・エクスプレス』が報じている。

 テテは昨年2月に母国のグレミオからシャフタールに加入。20歳のウインガーはウクライナの名門に加入後すぐさまポテンシャルを発揮し、約1年間で36試合の公式戦に出場して9ゴール7アシストという成績を収めている。徐々にビッグクラブからの注目も大きくなりつつある逸材だが、将来は世界屈指の3クラブへの加入を夢見ているようだ。

「3クラブへの加入はヨーロッパで成し遂げたい夢の一部だ。バルセロナ、マンチェスター・U、リヴァプールだよ」

「巨大なクラブで、素晴らしい監督や信じられない数のトロフィーがあるクラブだ」

「ユナイテッドとリヴァプールがライバルなのは知っている。だけど、もし現実にどちらかのクラブを選択する時が来たら、賢く判断しなければね」

 シャフタールと結んだ契約解除金は1億3000万ポンド(約174億円)とそのポテンシャルは計り知れない20歳だが、自身の夢である贅沢な悩みを実現させることはできるのだろうか。

関連記事(外部サイト)

×