クラウチ氏、共に練習した中で“最悪の選手”を明かす「マッサージの方を好んでいた」

クラウチ氏、共に練習した中で“最悪の選手”を明かす「マッサージの方を好んでいた」

クラウチ氏が「最悪」と評した人物とは……? [写真]=Getty Images

 現役時代にリヴァプールなどで活躍した元イングランド代表のピーター・クラウチ氏が、共にトレーニングをした選手の中で“最悪だった選手”を明かした。17日に、イギリス紙『ミラー』が報じている。

 数々のクラブを渡り歩いたクラウチ氏は、多くの選手たちとトレーニングをしてきた。プロ選手ともなれば、トレーニングでも全力を出すことを求められるものだが、インタビューで「これまで一緒にトレーニングをした中で最悪だった選手は?」と問われたクラウチ氏は、トッテナム、ポーツマス、イングランド代表で同僚だったとある元選手の名前を挙げた。

「(ソル・)キャンベルだね。彼は一緒にプレーする機会が多かったけど、トレーニング中の態度はひどいものだったよ」

 クラウチ氏がトッテナムでプロデビューを飾った時にトップチームで活躍していたのがキャンベル氏であり、その時はトレーニング中も「素晴らしい振る舞いをしていた」そうだ。だが、時が経ち、2008年にポーツマスで再会を果たすと、キャンベル氏の様子は一変していたという。

「彼はトレーニングにおいて努力をすることを忘れてしまっていた。彼のキャリアは晩年に差し掛かっており、おそらくは熱意を失ってしまっていたんだろう。トレーニングをすることよりも、マッサージを好んでいたくらいさ」

 ポーツマス時代にはキャプテンにも任命されていたキャンベル氏だが、クラウチ氏には怠惰な姿が強く印象に残ってしまっているようだ。

関連記事(外部サイト)