今夏の退団が噂されるも…ポグバはマンU残留を希望? 新契約締結へ

今夏の退団が噂されるも…ポグバはマンU残留を希望? 新契約締結へ

今季限りでのマンU退団が噂されているポグバ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uに所属しているフランス代表MFポール・ポグバが同クラブとの新契約締結に動いているようだ。イギリスメディア『エクスプレス』が18日に報じている。

 今シーズン、ポグバは足首の負傷に悩まされており、公式戦では8試合の出場にとどまってる。クラブとの契約が来シーズン終了時までとなっている同選手は、移籍金が発生する今夏の退団が噂されている。新天地の候補としてユヴェントスやレアル・マドリードの名前が挙がっていた。

 しかし、ポグバ自身はマンチェスター・Uでプレーを続ける意志を持っているようだ。前向きな姿勢で同クラブとの新契約締結に向かっており、現在27歳の同選手はクラブの“リーダー”としてマンチェスター・Uで活躍することを希望している模様だ。同選手はサポーターからの批判も少なくはないが、クラブのスタッフや選手たちからの信頼は非常に厚いという。

 ポグバを高く評価しているジネディーヌ・ジダン監督が率いるレアル・マドリードや、古巣のユヴェントスなど、いくつかのビッグクラブが同選手に関心を寄せている。このような状況の中で、ポグバは来シーズンにどのクラブのユニフォームを身に纏っているのだろうか。去就に注目が集まっている。

関連記事(外部サイト)