今季プレミア13発のR・ヒメネス…ギュンドアン「マンCでもプレーできる」

今季プレミア13発のR・ヒメネス…ギュンドアン「マンCでもプレーできる」

ギュンドアン(左)がラウル・ヒメネス(右)を称賛 [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cに所属するドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが、ウルヴァーハンプトンで活躍しているメキシコ代表FWラウル・ヒメネスを称賛した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が19日に報じている。

 ウルブス(ウルヴァーハンプトンの愛称)は今季のプレミアリーグにおけるマンチェスター・Cとの対戦で2戦2勝を記録。R・ヒメネスは昨年10月に行われた第8節では2アシストを記録して2−0での勝利に貢献すると、昨年12月に行われた第19節では1ゴール1アシストをマークし3−2で勝利する原動力に。いずれの試合にも出場していたギュンドアンは、“シーズンダブル”を食らわされたチームのストライカーを高く評価しているという。

「彼は非常に機動力のあるストライカーだ。それだけでなく、フィジカルもボールを扱うテクニックも優れている。彼がマンチェスター・Cで我々とともにプレーしている姿が容易に想像できるね」

「多分、まだ彼はトップレベルのクラブで定位置を確保するレベルには達していない。けれども、彼のプレーはかつての(ロベルト・)レヴァンドフスキを思い出させる。彼はまだまだポテンシャルを秘めていると思う。未来を予想することは難しいが、彼はいずれプレミアリーグのトップ6のクラブでプレーするチャンスを得られるはずだ。そこで活躍する可能性も非常に高いと思うよ」

 R・ヒメネスは今季のプレミアリーグでは第29節終了時点で全29試合に出場し13ゴール6アシストを記録。現在6位につけているウルブスをけん引する存在だ。ヨーロッパリーグでも7試合に出場して3ゴール3アシストをマーク。同クラブのベスト16進出に大きく貢献している。

関連記事(外部サイト)