「困難を克服するため」…ローマ、選手や監督らが4か月間の給与返納を申し出

「困難を克服するため」…ローマ、選手や監督らが4か月間の給与返納を申し出

ローマが給与返納を発表した [写真]=Getty Images

 ローマは19日、選手、スタッフ、監督が給与返納を申し出たことを発表した。クラブ公式サイトが伝えている。

 新型コロナウイルスの影響でイタリアではロックダウンが発令され、サッカー活動が中断・延期となっている。これによりクラブは収益が減り、損害を受けている。

 ローマは「パウロ・フォンセカ監督をはじめとする選手とスタッフたちは、新型コロナウイルスの発生以来サッカー界を巻き込んできた経済危機を乗り切るために、今シーズンの4カ月分の給料を返納することを申し出てくれた。選手、監督、コーチングスタッフは、政府の社会的セーフティーネット制度を受けるすべてのローマの従業員が、もとの給料と同じ額を受け取れるように、差額を一括して支払うことでクラブと合意した」と発表。現在のシーズンが再開され、終了した場合、選手、コーチ、スタッフには特定の目的の達成を条件に報酬を支払うインセンティブプランを用意するとして、今後数週間のうちに、現在のレギュレーションに則って、選手、コーチ、スタッフとの個別の合意をとりつけると明かした。

 クラブの発表によると、最高経営責任者(CEO)を務めるグイード・フィエンガ氏に宛てて選手から次のように連絡があったようだ。

「私たちは、Covid−19(新型コロナウイルス)による緊急事態によって引き起こされた困難を克服するため、この期間にクラブが行っているすべてのことに対して、全面的支持を表明するために筆を執りました」

「我々選手たちは、目標を達成するために最大限の力を発揮し、できるだけ早くプレーを開始する準備ができていますが、現在の非常事態中の経済的影響に対処するには、これだけでは十分ではないことを認識しています。私たち全員が共有しているローマのプロジェクトをより良い形で再開するために起こすクラブのアクションを手助けするため、私たちは財政的な申し出を提案します」

「我々はまた、ウイルスのために困難に直面している人々を支援するためのASローマ及びローマケアのイニシアティブに対する全てのサポートを認識しています。フォルツァ・ローマ!(がんばれローマ!)」

 同クラブの最高経営責任者(CEO)を務めるグイード・フィエンガ氏は次のようにコメントしている。

「私たちはいつもローマの団結について話し、シーズンの残りの期間、彼らの給料を支払うためにボランティア活動をしていますが、選手、コーチ、スタッフは皆、私たちが本当にともにいることを証明してくれました。クラブキャプテンのエディン・ジェコをはじめ、選手全員、そしてパウロは、このクラブが何を意味するのかを理解していることを示してくれました。また、クラブの従業員に対する素晴らしい姿勢にも感謝しています」

関連記事(外部サイト)