ベルギー代表監督、負傷中のアザールについて「彼はとてもよく回復している」

ベルギー代表監督、負傷中のアザールについて「彼はとてもよく回復している」

レアル・マドリードのエデン・アザール [写真]=Getty Images

 ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督がレアル・マドリードに所属するベルギー代表MFエデン・アザールの状況についてコメントした。19日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 アザールは今シーズンからレアル・マドリードでプレー。しかし、度重なるケガに悩まされており、2月末にもリーガ・エスパニョーラ第25節レバンテ戦で負傷交代。その後、右足腓骨の亀裂骨折と診断されて3月初めに手術を受けていた。

 R・マルティネス監督はアザールの回復状況について「彼がとてもよく回復していることは知っているよ」とコメント。「歩けるようになってきたし、併発症もないよ」と続けた。さらに、新型コロナウイルスの影響でリーグ戦が中断していることを受けて、「エデンがゲームを逃したわけではない。彼の手術がウイルス流行の直前に行われたことも幸運だった」とコメントしている。

「彼は自身の回復に集中しているし、エデンはすぐ戻ってくると前向きに感じているよ」

関連記事(外部サイト)