ロヴレン、クロップ監督を手放しで称賛「彼は初めから偉大な仕事をした」

ロヴレン、クロップ監督を手放しで称賛「彼は初めから偉大な仕事をした」

ユルゲン・クロップ監督とデヤン・ロヴレン [写真]=Getty Images

 リヴァプールのクロアチア代表DFデヤン・ロヴレンがユルゲン・クロップ監督について言及した。19日、クラブ公式HPがコメントを掲載している。

 リヴァプールは昨シーズン、リーグ戦ではわずか1敗にもかかわらず2位でフィニッシュ。その一方でチャンピオンズリーグ(CL)、クラブワールドカップを制覇した。その勢いのまま今シーズンのプレミアリーグでは新型コロナウイルスによるリーグ中断までの29試合で27勝1分1敗と、2位のマンチェスター・C(28試合消化)に勝ち点差「25」をつけて首位を独走している。

 ユルゲン・クロップ監督の下でチームが進化する様子を目の当たりにしたロヴレン。同選手は「チームの核はここにあって、監督から始まる。彼はここで最初から偉大な仕事をしてきた」とクロップ監督を称賛した。また、ロヴレンは同監督がチームにもたらしたものとして“貪欲さ”を挙げた。

「僕らはハングリーでいたけど、これは彼(クロップ監督)がもたらしたものだよ。僕たちは常にハングリーだし、これからもそうあり続けるよ」

「一度良い食事をしたら、もう一回食べたいと思うよね。これが僕らにも起こっているんだ。できる限りのことをみんなに見せたい」

関連記事(外部サイト)