第一希望はケイン? ユーヴェ、イグアインの後釜候補をリストアップ

第一希望はケイン? ユーヴェ、イグアインの後釜候補をリストアップ

ユヴェントスもケインの獲得に関心を示している [写真] =Getty Images

 ユヴェントスはトッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケインの獲得に関心を示している。20日にイタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じた。

 ケインは今夏の移籍市場でユース時代から在籍しているトッテナムに別れを告げる可能性がある。同クラブにて公式戦278試合に出場している同選手は、181ゴール30アシストを記録しており、世界有数のストライカーの地位を築き上げた。

 ステップアップを希望しているとのコメントを残して以来、ケインにまつわる移籍の噂は後を経たない状況となっている。同選手に対して国内外を問わず、獲得に関心を示すクラブが殺到しており、中でもレアル・マドリードやマンチェスター・Uが最有力候補となっているようだ。

 しかし、同紙によるとユヴェントスも獲得競争に参戦する模様だという。同クラブはアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインの後釜候補を模索しており、ケインを第一候補としてリストアップしているようだ。果たして同選手の新天地はどこの強豪クラブになるのであろうか。

関連記事(外部サイト)