エヴァートン所属のFWキーン、わずか1年で母国復帰へ…インテルが興味

エヴァートン所属のFWキーン、わずか1年で母国復帰へ…インテルが興味

インテルはキーンの獲得に関心を示している [写真]=Getty Images

 インテルはエヴァートンに所属するイタリア代表FWモイーズ・キーンの獲得に関心を示している。20日にイギリス紙『エクスプレス』が報じた。

 キーンは昨夏の移籍市場でユヴェントスからエヴァートンへと完全移籍で加入。イタリアの新星として多くの期待が寄せられていた同選手であったが、今シーズンは公式戦26試合に出場してわずか1ゴール2アシストにとどまっている。

 これを受け、同選手は今夏の移籍市場で母国イタリアに復帰する模様だ。同紙によると、インテルがキーンの獲得に関心を示しており、2500万ポンド(約33億円)を支払うと伝えられている。

 エヴァートン側もこのオファーに前向きな姿勢を見せていることから、同選手のわずか1年での母国復帰は濃厚だという。果たしてキーンは、かつてユヴェントスで見せた輝きを再び取り戻すことができるのであろうか。

関連記事(外部サイト)