海外移籍を望むドイツ代表MFハフェルツ…マンUやリヴァプールが関心

海外移籍を望むドイツ代表MFハフェルツ…マンUやリヴァプールが関心

レヴァークーゼンに所属するハフェルツ [写真]=Getty Images

 複数のビッグクラブがレヴァークーゼンに所属するドイツ代表MFカイ・ハフェルツに関心を示しているようだ。19日、イギリス紙『イブニング・スタンダード』が伝えている。

 ハフェルツはレヴァークーゼンの下部組織出身で、2016年にトップチームデビューを果たした。現在20歳ながらこれまで公式戦139試合の出場で38ゴール30アシストを記録。同クラブの中心選手として活躍している同選手にはバイエルンやマンチェスター・U、リヴァプールなどが関心を示していることが明らかとなっている。

 しかし、ハフェルツは先日ドイツ紙『ビルト』で「大きな一歩を踏み出す準備はできているし、挑戦することは好きだ。これには海外へ行くことも含まれている。レヴァークーゼンは素晴らしいクラブだ。気持ち良く過ごせていることはずっと言ってきたことだ。それでも、自分のキャリアでいつかは次のステップに進みたいと思っている。それが僕の野望でもある」と語ったことから、同選手はバイエルンなどへの国内移籍よりも海外移籍を視野に入れている模様で、マンチェスター・Uとリヴァプールによる争奪戦となりそうだ。

関連記事(外部サイト)