レアルがバイエルンDFアラバ獲得に興味…ジダン監督が高く評価か

レアルがバイエルンDFアラバ獲得に興味…ジダン監督が高く評価か

バイエルンに所属するアラバ [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードは、バイエルンに所属するオーストリア代表DFダヴィド・アラバの獲得に興味を示しているようだ。20日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 現在27歳で、バイエルン在籍12年目(下部組織時代を含む)を迎えているアラバは、ドイツ王者との契約延長が難航していると報じられている。そのため、来夏にもバルセロナが獲得に動くのではないかと伝えられているが、どうやらレアル・マドリードも同選手の獲得に興味を示しているようだ。

 特にジネティーヌ・ジダン監督が同選手を高く評価しており「彼はアラバに興味があるよ」とクラブ関係者は話しているという。

 また、現在アラバの代理人を務めるのは、ピニ・ザハヴィ氏。同氏はかつてFWロベルト・レヴァンドフスキを『サンチャゴ・ベルナベウ』に連れていこうとレアル・マドリードと会合を開いた過去があるため、アラバもマドリードに近づくのではないかとも伝えられている。

 果たして来シーズン、アラバは新天地を求めることになるのだろうか。

関連記事(外部サイト)