来季バルサ加入のトリンコンってどんな選手? 所属クラブ会長は「今後10年を定義する選手」

来季バルサ加入のトリンコンってどんな選手? 所属クラブ会長は「今後10年を定義する選手」

来季からバルセロナに加入する、ブラガのトリンカオ [写真]=Getty Images

 ブラガに所属するU−21ポルトガル代表FWフランシスコ・トリンコンは、来シーズンからユニフォームを着るバルセロナで重要な存在になれるのだろうか。ブラガのアントニオ・サルバドール会長は、トリンコンが「サッカー界でこれからの10年を定義する選手」だと太鼓判を押した。20日に、スペイン紙『アス』が報じている。

 現在20歳のトリンコンは、2011年にブラガの下部組織へ加入すると、2016年にプロデビューを飾る。2018年にトップチーム昇格を果たし、2019年にはヨーロッパリーグ(EL)のスロヴァン・ブラチスラヴァ戦でプロ初ゴールを決めるなど、順調なステップアップを果たしている。186センチと長身ながら、得意なポジションは左のウイング。また、前線ならどのポジションでもプレー可能なユーティリティ性を備えている。

 今年1月にはバルセロナがトリンコンの獲得を発表。来シーズンからスペインにわたるトリンコンは、多くのサッカーファンにとってまだ“謎に満ちた選手”だ。しかし、ブラガのサルバドール会長はサポーターとのオンライン会議で、20歳の若武者がサッカー界の未来を担う逸材だということを強調した。

「我々はすでに、私が最も優れていると考える選手、サッカー界でこれからの10年を定義する選手、つまりトリンコンを失うことになる。皆さんがご存知のように、彼はバルセロナに売却したからね。彼は世界でも特に優れた選手の1人になれるだろう」

 果たして、トリンコンはバルセロナに移籍金3100万ユーロ(約36億1179万円)が「安かった」と思わせることができるのだろうか。

関連記事(外部サイト)