デレ・アリ、新型コロナで隔離された現在の生活を明かす「僕たちは毎朝11時から…」

デレ・アリ、新型コロナで隔離された現在の生活を明かす「僕たちは毎朝11時から…」

トッテナムに所属するアリ [写真]=Getty Images

 トッテナムに所属するイングランド代表MFデレ・アリが、現在の生活について語った。21日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 現在、新型コロナウイルスの影響でヨーロッパの各国リーグは中断しており、チームの施設を封鎖しているクラブもほとんど。そのためデレ・アリの所属するトッテナムも遠隔でチームトレーニングを行なっているようで、今回取材に応じた同選手は、現在の生活について以下のように語っている。

「僕たちは毎朝11時から『zoom(ミーティングアプリ)』でトレーニングセッションを行なっている。それぞれ場所は違うけど、これまでと変わらずチームを繋げてくれるから、とても便利なものだね。チームメイトとは毎朝顔を合わせているよ」

「セッションはチームのスタッフがサポートしてくれている。選手はそれぞれクラブが自宅に送ってくれた器具を使っているよ。今のような試合のない状況では、とにかく各々が健康を維持して、身体のコンディションを整えることが重要だね」

「そして人々がさまざまなプラットフォームを利用しながら、できることを見つけていくのは素晴らしいことだと思うね。自分の誕生日(4月11日)を自宅で迎えたのは理想的ではなかったけど、チームのみんなが盛り上げてくれた。これはこれで楽しく感じられたから、良かったのかもしれないね」

関連記事(外部サイト)