セリエA、理事会を開催し声明文を発表…5月中のリーグ戦再開は不透明か

セリエA、理事会を開催し声明文を発表…5月中のリーグ戦再開は不透明か

セリエAが理事会を開き声明文を発表した [写真]=Getty Images

 今シーズンのセリエAの再開は、厳しいものになるのかもしれない。21日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 報道によると、イタリアのスポーツ大臣を務めるヴィンチェンツォ・スパダフォーラ氏が、新型コロナウイルスによる中断から5月4日にはセリエAを再開することを目指し、政策を進めていたという。しかし、セリエAのトリノやサンプドリアなどを含む7つのクラブが、5月3日までの中断では関係者全員の健康と安全が保障されないと、リーグ戦の再開に対して反対。

 これを受けて21日に会合を開いたセリエAの理事会は、「本日会合した理事会では、政府が健康と安全の保護に関する規則を完全に遵守してサッカーを実施するということを許可した場合のみ、2019−2020シーズンを再開し完了すると満場一致で決定した」と声明文を発表した。今シーズンを完了することに意欲を示したが、無期限での中断期間はもうしばらく続くだろうとも報じられている。

関連記事(外部サイト)