PSG、ドルトムントDFハキミに関心か…ムニエの後釜候補に

PSG、ドルトムントDFハキミに関心か…ムニエの後釜候補に

ドルトムントへのレンタル期間が今季限りとなっているハキミ [写真]=Getty Images

 パリ・サンジェルマン(PSG)がドルトムントのモロッコ代表DFアクラフ・ハキミに関心を示しているようだ。21日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 現在21歳のハキミは2018年夏にレアル・マドリードからのレンタル移籍でドルトムントに加入した。今季は中断前までで公式戦37試合に出場し7ゴール10アシストを記録するなど、中心選手として活躍。しかし、ハキミのレンタル契約は6月までとなっていることから同選手の去就には注目が集まっている。

 ハキミはまず2023年まで契約を残す所属元のレアル・マドリードと話し合うようだが、報道によると、ベルギー代表DFトーマス・ムニエの契約が今シーズン限りとなっているPSGが同選手の後釜としてハキミ獲得を狙っているようだ。

 なお、ハキミにはドルトムントがもう1シーズン残留することを求めているほか、バイエルンやアーセナル、チェルシー、トッテナムなど多くのクラブが関心を示していることが明らかとなっている。

関連記事(外部サイト)