クロップ監督、今季リーグで首位独走も慢心せず「まだまだ完成形ではない」

クロップ監督、今季リーグで首位独走も慢心せず「まだまだ完成形ではない」

リヴァプールのクロップ監督 [写真]=Getty Images

 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が、自身が率いるチームについて言及した。22日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 昨シーズンのチャンピオンズリーグを制覇したリヴァプールは、今シーズンここまでリーグ戦29試合で勝ち点82を獲得。2位マンチェスター・Cに勝ち点差25をつけ、首位を独走している。しかしクロップ監督は、まだまだチームには改善の余地があると感じているようだ。以下のように語っている。

「リヴァプールはこれからも変わらず、成長のために変化していくだろう。また我々が今後も成功できるかどうかは、他のクラブの状態にも依存するんだ。彼らもチームを改善しようと努力しているからね。この先も勝利を重ねられるかは、誰にも見当がつかないはずだよ」

「このチームはまだまだ完成形ではない。改善の余地はたくさんある。そして若い“新鮮な血”も多く流れているんだ。今後もリヴァプールで活動できることは、素晴らしいことだと思っているよ」

 現在は新型コロナウイルスの影響で中断しているプレミアリーグ。リヴァプールは今シーズン、30年ぶりのリーグ優勝を果たすことができるのだろうか。

関連記事(外部サイト)