トッテナム、バルサのアルトゥール獲得に関心…トレード移籍を画策

トッテナム、バルサのアルトゥール獲得に関心…トレード移籍を画策

トッテナムはアルトゥールの獲得に関心を示している [写真]=Getty Images

 トッテナムはバルセロナに所属するブラジル代表MFアルトゥールの獲得に関心を示している。23日にスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じた。

 アルトゥールは今シーズン、バルセロナの主力メンバーとして活躍しており、複数クラブから注目を集めているようだ。トッテナムの他にもインテルが同選手の動向を注視しているという。

 しかし、同紙によるとトッテナムはアルトゥールの獲得を熱望していると伝えられている。クラブを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は同選手を高く評価しており、獲得を最優先しているようだ。

 トッテナムは同選手に対する移籍金を削減するために、トレード移籍を画策しているという。現段階でオファーする選手は未定だとのことだが、バルセロナはフランス代表MFタンギ・エンドンベレの獲得を望んでいることから、同選手とのトレード移籍が濃厚と伝えられている。果たしてアルトゥールはプレミア上陸を決意するのであろうか。

関連記事(外部サイト)