ベイル夫妻、母国ウェールズの病院に6600万円を寄付…コロナ対策を支援

ベイル夫妻、母国ウェールズの病院に6600万円を寄付…コロナ対策を支援

ベイル夫妻はウェールズの病院に6600万円寄付したようだ [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードに所属するウェールズ代表FWギャレス・ベイルと妻であるエマ・リース・ジョーンズが母国ウェールズの病院に50万ポンド(約6600万円)を寄付した。23日にイギリスメディア『BBC』が報じている。

 ベイル夫妻は新型コロナウィルスの治療に努める医師たちのために、この度の寄付を決意したという。寄付を受け取ったチャリティー団体はこれらのお金をNHS(ナショナル・ヘルス・サービス)の予算では補えない部分に当てると述べていた。

 同選手の献身的な姿勢に母国ウェールズの国民も感謝の気持ちをSNSなどで伝えており、ベイルは国民的ヒーローとなっているようだ。同選手はピッチ上だけでなく、プライベートでも活躍している。

関連記事(外部サイト)