ニューカッスルOB、古巣へポチェッティーノ招へいを希望「彼はチームを育てるのが上手いから…」

ニューカッスルOB、古巣へポチェッティーノ招へいを希望「彼はチームを育てるのが上手いから…」

マウリシオ・ポチェッティーノ [写真]=Getty Images

 元イングランド代表DFで現在はサッカー解説者を務めるウォーレン・バートン氏が、トッテナムで前監督を務めていたマウリシオ・ポチェッティーノについて語った。22日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 昨年11月までの約5シーズンをトッテナムの監督として過ごし、同クラブを強豪へと成長させたポチェッティーノは現在フリー。バートン氏はそんなアルゼンチン人指揮官を、自身の古巣でもあるニューカッスルが新監督として迎え入れるべきだと考えている。以下のように語った。

「私はスティーブ(・ブルース現監督)の大ファンだ。素晴らしい人間だと思う。チャンピオンシップ(イングランド2部)では非常によくやったよ。そしてニューカッスルをプレミアリーグに昇格させ、安定した成績を残している」

「ただポチェッティーノのような監督をチームに迎えたらと思うと、それは若い選手にとって素晴らしいことになるだろうね。彼はチームを育てるのがうまいから、ニューカッスルの若くて活気のある才能がもっと輝くかもしれない。とてもポジティブなことだと思うよ」

 ニューカッスルは今シーズン、リーグ戦29試合を終えて勝ち点35。現在は13位につけている。

関連記事(外部サイト)