アーセナル期待の星、サカにドルトムントが関心…鍵はサンチョの売却か

アーセナル期待の星、サカにドルトムントが関心…鍵はサンチョの売却か

ドルトムントが関心を寄せる、アーセナルのサカ [写真]=Getty Images

 ドルトムントが、アーセナルに所属するイングランド人FWブカヨ・サカ獲得を狙っているようだ。25日に、イギリス紙『ミラー』が報じている。

 現在18歳のサカは、アーセナルのアカデミー出身。2019年1月1日のフルアム戦でプレミアリーグデビューを果たすと、同年9月19日のヨーロッパリーグ(EL)フランクフルト戦でトップチーム初ゴールを決めた。本来はFWの選手だが、チーム事情から左サイドバックで起用されることも多く、新ポジションでも輝きを放っている。

 “ガナーズ(アーセナルの愛称)”の未来を背負って立つことを期待されるサカには、数多くのクラブが関心を寄せている。ドルトムントもその中の一つであり、『ミラー』によれば、マンチェスター・Uに1億ポンド(約132億9,256万円)とも言われる移籍金でジェイドン・サンチョを売却した場合、その資金をもとにサカ獲得を推し進める可能性があるという。

 果たして、サカは『エミレーツ・スタジアム』に別れを告げることになるのだろうか。

関連記事(外部サイト)