ネイマール、チェルシー加入を検討していた? 元代理人が秘話を明かす

ネイマール、チェルシー加入を検討していた? 元代理人が秘話を明かす

サントスに所属していたネイマール(写真は2010年のもの) [写真]=Getty Images

 パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールはチェルシーに加入する可能性があったようだ。26日、イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 ネイマールは2013年にサントスからバルセロナへ移籍。同クラブに4シーズン在籍し、2017年からはPSGでプレーしている。しかし、同選手の元代理人であるワグネル・リベイロ氏はスペイン紙『アス』で、バルセロナに加入する3年前、当時17歳のネイマールにチェルシーからオファーがあり、移籍を検討していたことを明かした。

「彼には多くの連絡があった。2010年にネイマールがブラジル代表デビューを果たしたその日にチェルシーから正式なオファーをもらった。僕たちはそれを受け、移籍を検討したが、最終的には何も決断しなかった。その時はネイマールの父親と本人に決断を委ねた」

 2009−10シーズンのチェルシーはカルロ・アンチェロッティ監督の下、プレミアリーグとFAカップを制し2冠を達成。その直後にネイマールにオファーを出していたようだが、同選手はサントス残留を選択していたことが明らかとなった。

関連記事(外部サイト)