「想像もしていなかった」…逮捕されたロナウジーニョ氏が沈黙を破る

逮捕されたロナウジーニョ氏が刑務所内での状況語る 偽造パスポート使用疑いで逮捕

記事まとめ

  • ロナウジーニョ氏が3月にパラグアイ入国の際、偽パスポートを使用の疑いで逮捕された
  • 現在は釈放されパラグアイの首都にある高級ホテルで監視されつつも生活を送っている
  • 『ABC』のインタビューを受け、刑務所内での状況などについて逮捕後初めて語った

「想像もしていなかった」…逮捕されたロナウジーニョ氏が沈黙を破る

「想像もしていなかった」…逮捕されたロナウジーニョ氏が沈黙を破る

ロナウジーニョ氏がインタビューに応じた [写真]=Getty Images

 かつてバルセロナやブラジル代表で活躍したロナウジーニョ氏が沈黙を破った。イタリアメディア『トゥットメルカートウェブ』が伝えている。

 ロナウジーニョ氏は、3月にパラグアイで行われたチャリティイベントに参加するために同国へと入国した際、偽造パスポートを使用した疑いで兄のアシス氏とともに逮捕された。刑務所内でフットボールに興じる様子が報じられていたが、同氏は現在は釈放され、パラグアイの首都アスンシオンにある高級ホテルで監視されつつも生活を送っているという。

 今回『ABC』のインタビューを受け、「今は母を抱きしめたい」と逮捕後初めて語った同氏は、「物事がうまくいくことをいつも祈っている。私たちはこれがすぐに終わることを願っている」とコメント。「3月に刑務所に行くように言われた時、どんな気持ちでしたか?」と問われたロナウジーニョ氏は、「とてもショックを受けた。もちろん、想像なんかしていなかったよ。サッカーを通して人々に幸せを届け、プロとして最高のレベルに到達するために、私は人生をかけてきた」と応じた。

 続けて、「刑務所での体験はどうだったか」という質問には、「まず、ここに到着した最初の日から、すべてのパラグアイ人の温かさ、愛、尊敬を感じ、皆さんに感謝している。刑務所で出会った人たちは、私をとても愛情を持って迎えてくれた。フットボールをしたり、サインをしたり、写真を撮ったりすることは私の人生の一部だ。だから断る理由がなかったよ。私と同じように苦しい時期を過ごしている人々とともに生活していたからね」と刑務所内での状況について語った。

また、「この悪い状況が終わったらどうするつもりか」という質問が飛ぶと、「私が最初にすることは、パンデミックが始まって以来、家でつらい日々を送っている母に大きなキスをすることだ。そして、私は自分の逮捕がもたらしたショックを受け止め、信念と力を持って自分の道を進むことだね」

関連記事(外部サイト)