エールディヴィジ打ち切りも…アヤックス、1カ月半ぶりに練習を再開

エールディヴィジ打ち切りも…アヤックス、1カ月半ぶりに練習を再開

アヤックスが少数でのトレーニングを再開 [写真]=Getty Images

 アヤックスが29日にトレーニングを再開した。クラブ公式サイトが同日に伝えている。

 今シーズンのエールディヴィジ打ち切り決定から5日が経った29日、アヤックスが約1カ月半ぶりにトレーニングを再開させた。新型コロナウイルス感染拡大により、3月16日から練習場を閉鎖していたが、オランダのスポーツ組織を統括するオリンピック委員会・オランダスポーツ連盟(NOC*NSF)の許可を受け、開放に至った。

 再開初日は午前と午後のセッションに計12選手が練習場に姿を現し、3人ずつのグループで練習を実施。午前のセッションでは、DFデイリー・ブリント、DFペール・スフールス、DFジョエル・フェルトマンがグループを組み、MFドニー・ファン・デ・ベーク、MFドゥシャン・タディッチ、MFラズヴァン・マリンの3人は別のグラウンドで汗を流したという。

 午後のセッションではMFカレル・エイティング、DFリサンドロ・マルティネス、DFユリエン・ティンバーのグループと、MFクインシー・プロメス、FWラシナ・トラオレ、FWダニーロのグループがそれぞれ別のグラウンドで練習を行った。翌日は、この12選手以外の選手たちが同じ形式でトレーニングを行うという。

 オランダでは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で3月12日から国内の全試合が延期となり、3月15日には政府からロックダウン(都市封鎖)が発表された。政府は4月21日に、サッカーの試合を含むイベント開催禁止の措置を8月31日まで延期。これによりエールディヴィジもシーズン再開が不可能となり、オランダサッカー協会(KNVB)は24日に今シーズンの打ち切りを発表している。

関連記事(外部サイト)