広州恒大のカンナヴァーロ監督、レアルの指揮官を夢見る「いつか必ず」

広州恒大のカンナヴァーロ監督、レアルの指揮官を夢見る「いつか必ず」

ファビオ・カンナヴァーロ氏 [写真]=Getty Images

 元イタリア代表DFファビオ・カンナヴァーロ氏は古巣レアル・マドリードでの指揮を夢見ているようだ。スペイン紙『マルカ』が29日に伝えている。

 現在は広州恒大で指揮を執るカンナヴァーロ氏。バロンドール賞を受賞した2006年から在籍したレアル・マドリードでは3シーズンを過ごした。同氏は「私はトップを常に見据えている。だからレアル・マドリードのようなトップクラブをいつか必ず指揮するために、日々頑張っているよ」と憧れの気持ちを表わした。

 また指導者としての哲学として「私は選手にボールを持っていない時でも強度を持ってプレーするように求める指導者だ。サッカーは時間制のスポーツだからね。選手たちはそれを理解するべきなんだ。ボールを持っていない時にも緊張感を与えることが出来れば、相手から時間を奪うことができる」と語っている。

関連記事(外部サイト)