モウリーニョ監督、リーグ戦再開へ持論を展開「たとえ無観客だとしても…」

モウリーニョ監督、リーグ戦再開へ持論を展開「たとえ無観客だとしても…」

トッテナムのモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images

 トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が、今シーズンについて言及した。30日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 新型コロナウイルスの感染拡大によるプレミアリーグの中断を受け、モウリーニョ監督は現在、スタジアム近くで地元コミュニティへ農産物を配布する作業を手伝っているという。そんな中、メディアの取材に応じた同監督は「サッカーが恋しい」と嘆きながら、以下のように語った。

「私たちの世界が恋しいと言いたいのですが、サッカーは私の世界の一部に過ぎない。今は誰もが協力してウイルスと戦わなくてはならず、サッカーへの気持ちは我慢しなければならないね」

「今シーズンの残りの9試合を再開できるというのなら、それは多くの人にとって素晴らしいことになる。また、プレミアリーグやフットボール全体にとっても良いことだろう」

「サッカーは決して密室で行うものではない。そして、そこにカメラがあれば何百万もの人が観戦できる。だから、たとえスタジアムが無観客だとしても、我々には多くのサポーターがついているんだ。私はとにかくサッカーを再開したいと考えているよ」

 未だ再開の目処が立っていないプレミアリーグだが、果たして今後リーグ戦は行われるのだろうか。

関連記事(外部サイト)