DMMがeスポーツの大会開催を発表! J戦士とシント・トロイデンから参戦予定

DMMがeスポーツの大会開催を発表! J戦士とシント・トロイデンから参戦予定

DMM.comが大会開催を発表した

 DMM.comは、サッカーゲームを使ったオンライン親善マッチ「e−Stadium at home DMMゴールデンマッチ」を開催すると発表した。

 DMMは、経営権を持つシント・トロイデンに所属する日本人選手と、提携Jリーグクラブの所属選手がエレクトロニック・アーツ(EA)社が展開するサッカーゲーム『FIFA20』で対戦することを発表。その様子は各クラブの公式YouTubeチャンネル等でLIVE配信される。

 DMMは開催に至った経緯について「本大会は現在のスポーツ業界を取り巻く厳しい状況下において、Stay homeの連休中、サッカーファンに自宅で楽しんでいただけるコンテンツをリーグ再開の見通しが立たない中、スポンサー企業に対する新たな施策をという思いから、DMM.com主催のもと提携Jクラブと連携し大会実現に至りました」と説明。当日、各選手は自宅からの参戦が予定されている。

 大会は、2020年5月9日(土)、10日(日) 両日18時キックオフ(17時55分配信開始)予定。シント・トロイデンから、シュミット・ダニエル、鈴木優磨、伊藤達哉、松原后、大分トリニータから三竿雄斗、小出悠太、ファジアーノ岡山から上門知樹、デューク・カルロス、北海道コンサドーレ札幌から菅大輝、アビスパ福岡から木戸皓貴、三國ケネディエブスが参戦する。また、MCは西岡明彦氏が務める。

関連記事(外部サイト)